台風や雪でANA国際線が遅延や欠航しそうな時に取るべき行動を解説

台風進路予想

楽しみにしていた海外旅行やどうしても行かなければいけない海外出張、予定日が近づくにつれて台風が接近していたり、大雪が予想されると予定通り飛行機が飛ぶのか心配になりませんか。

悪天候の中予定通り飛行機が飛ぶのか遅延・欠航するのかは空港運営会社が決める訳ではなく、運航会社がそれぞれ決定します。

この記事ではANA国際線の予約をお持ちのあなたが搭乗予定の日、悪天候が予想されるとき、どのように準備を進めるべきかについて解説します。

自然災害による遅延や欠航が見込まれる場合のANAの対応

悪天候による影響で飛行機が遅延や欠航してもANAの責任ではありません。

しかし、チケットをお持ちのあなたはANAと出発地から目的地へ移動する契約をしています。

予定通りに便が出航しない場合は、他のANA便への変更あるいは予定を取りやめるなら払い戻しにも応じてくれます。

しかし、ANAにとっては大切なお客様に予約をキャンセルされては売り上げが落ちてしまいます。

お客様に対して早くから情報を提供し変更の案内をしています。

台風が近づき空の便に影響を与えた事例

2019年10月、台風19号が3連休の空の便に影響を与えました。

8日15時時点で発表された台風の進路予想図は次の通りです。

台風進路予想

ウェザーニュースより

この進路予想図に対してANAは公式WEBサイトで次のような情報を発信しました。

ANA公式発表

ANAホームページより

ANAの発表を見ると関西圏では台風の影響を受けると思われる10月11日の3日前から、関東・甲信越・北陸・東海エリアでは10月12日の4日前の15時30分には「対象の空港にANA便の航空券をお持ちのお客様に向けて実際の運行状況にかかわらず手数料を頂かずに、ご搭乗予定便の変更(振替)及び払い戻しを承ります」と案内しています。

この情報を見たご搭乗予定の方がご自身の予定を調整して本来の目的地を変えずに旅行できたのならあなたとANAにとってwin – winの関係になったと言えるでしょう。

 ANA便の予約変更(振替)、払い戻しの方法

このように公式発表された場合、変更やキャンセルの際、費用が掛かる条件で発券していたとしても予約変更、事前のキャンセル・払い戻しに一切費用は掛かりません。

同一路線への変更(振替)をご希望の場合

ANAウェブサイトから予約変更が可能です。

上手くいかない場合、ANAのデスクと確認しながら手続きを進めたい方は下記ANAマイレージクラブ・サービスセンターまたはANA国際線予約・案内センターへお問い合わせください。

ANAマイレージクラブ会員の方
ANAマイレージクラブ・サービスセンター
0570-029-767
サービス番号/「2」を選択
受付時間/24時間(年中無休)
料金/全国一律

最寄りのANA国際線予約・案内センター
東京/03-6741-6683
福岡/092-731-5700
大阪/06-7637-6673
札幌/011-726-6100
名古屋/052-586-1717
沖縄/098-867-4560

会員以外の方
ANA国際線予約・案内センター
0570-029-333
受付時間/24時間 年中無休
料金/全国一律

最寄りのANA国際線予約・案内センター
東京/03-6741-6685
福岡/092-724-5503
大阪/06-7637-6675
札幌/011-281-1212
名古屋/052-586-8851
沖縄/098-861-1212

予約便と異なる区間への変更

最終目的地は変えずにルートを変えたい場合、ANAウェブサイトでのお手続きはできません。

上記ANAマイレージクラブ・サービスセンターまたはANA国際線予約・案内センターへ連絡、ご相談ください。

旅行中止を判断し払い戻しを受ける

ANAウェブサイトで払い戻しが可能です。

上手くいかない場合、上記ANAマイレージクラブ・サービスセンターまたはANA国際線予約・案内センターまでご連絡ください。

ご予約便出発予定日より10日以内にお手続きをお済ませください。

実際には台風でどれだけ欠航したのか

運航へ影響が予想されるとしながら実際に欠航の状況は以下の通りでした。

12日は国内線は羽田・成田発着全便をはじめ、伊丹や関空、中部の発着便など569便と、国際線150便の計719便が欠航。

羽田・成田発着の国際線は、一部の深夜早朝便を除いて欠航し、関空・中部発着の国際線は全便欠航。

13日も、羽田発着を中心とする国内線217便のほか、成田発着の国際線全便が欠航。羽田発着の国際線も、一部を除き欠航。

気を付けたい点

ANA各便の運航状況につきましては、「発着案内」で情報を発信しています。台風や雪の影響を受けている状況をご確認の上予定通りに空港に行くのか変更(振替)を検討するのかご判断ください。

なお、遅延や欠航に伴い宿泊費用や交通費が発生しても自然災害事由の場合はANAは補償してくれません。

渡航先で予定していた個人手配の宿泊費用や交通費も同様です。

パッケージツアー、団体旅行については、ご購入いただいた旅行会社にご相談ください。

まとめ

予定の搭乗便が運航されることを信じて空港に向かうのも一つの考えですが、予定日の3~4日前から代替手段を検討できるのは、選択肢が増えるのであなたにとって良いことではないでしょうか。

旅行は行きたいけど他にどのようなルートがあるのか分からないときはANAマイレージクラブ・サービスセンターまたはANA国際線予約・案内センターへ連絡・相談してみると良い提案をしてもらえるかも知れません。

旅行を諦めるのは簡単ですがせっかくお休みに合わせて計画したなら、楽しみたいですよね。

わたしはこれまで飛行機に乗らずに貯めたマイルで ロンドン・ニューヨーク・ハワイ・ヘルシンキへのビジネスクラス旅行を楽しんできました。

初心者が他人の助けを借りず、 自力でマイルを貯めた経験 無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。

台風や大雪を心配してこの記事にたどり着いたあなたのお役に立てたなら幸いです。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


ABOUTこの記事をかいた人

東京都出身、単身赴任中のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。