陸マイラー初心者だったわたしがANA特典航空券羽田-ロンドン線ビジネスクラス2席を発券した方法とは

atpfinals

わたしはANAマイレージクラブメンバーになり陸マイル活動を中心にANAマイルを貯めていますが会員区分は一般会員です。

ANAマイレージクラブの上級会員になると、様々なメリットを享受できます。

しかし、陸マイラーとして貯めたマイルでビジネスクラス特典航空券を発券出来ればすべてではありませんが上級会員と同じサービスを受けられます。

ビジネスクラス特典航空券を発券するには、ANAマイレージクラブの上級会員資格を保有している方が有利だとの話も聞きますが、一般会員でもビジネスクラス特典航空券を発券できるなら上級会員になる魅力がないなと感じています。

この記事はわたしが陸マイル活動で貯めたANAマイルで羽田-ロンドン線の往復ビジネスクラス特典航空券を2席発券した方法をこれから貯めたマイルを使って特典航空券を発券したいとお考えのANAマイラー初心者の方に向けてご紹介いたします。

 羽田-ロンドン線を目指した理由

わたしたちが羽田-ロンドン線の特典航空券を目指したのはロンドンで開催される男子プロテニスツアー最終戦、ATPファイナルズを観戦したいとの理由からでした。

そしてせっかく苦労して貯めたマイル、マイルの価値を高められる長距離国際線ビジネスクラスを発券したいという気持ちもありました。

しかし、大会が開催されている日程は一週間に限定されおり、有給休暇を取り連休にするために土日を絡ませたいとの理由から自然と搭乗希望日は限定されていました。

特典航空券を発券するために準備したこと

ANAの国際線特典航空券を予約、発券手続きを行える日時は搭乗希望日の355日前、午前9時です。

当時、わたしがしたことは予約可能となる日の1か月前から毎朝355日後の特典航空券ビジネスクラスの枠がなくなる様子を確認していました。

そこで分かったことは、往路希望日をチェックしているとある日は9時を1分過ぎるとビジネスクラス2席が満席となってしまう日もある一方で9時を数分過ぎてもビジネスクラス2席とも枠が残っている日もあるという事でした。

また復路希望日についても同様の動きが見て取れましたが、往路希望日と違い枠が無くなってしまったはずの日も数日経過すると枠が復活しているということでした。

そこでわたしが準備を行ったことは特典航空券予約のためにパソコンで予約手続きのシミュレーションを行ったことでした。

特典航空券を発券するための鉄板の方法

ANAのビジネスクラス特典航空券を発券する確率を高める鉄板の方法というものがあります。

ANA国際線特典航空券を予約するには往路復路の旅程全区間を予約しなければいけません。

そのため復路希望日を予約できる日にならないと旅程全区間を予約できないのかというとそういう訳ではありません。

ANA国際線特典航空券には予約変更ルールがあり、往路、復路とも日程・時刻ならば変更することが出来ます。このルールを逆手にとって往路希望日の特典航空券を予約できる日に復路の予約も取ってしまうのです。

同日予約

実際には上のように12月26日に羽田を出発し、到着した26日のヒースロー空港を出発することはしません。

あくまでも往路希望日の予約を取りたいがために希望していない復路の予約も同日に「空席待ち予約」を入れてしまうのです。

そして復路の特典航空券を発券できる日(復路希望日の355日前午前9時)になったら、復路の日程のみ変更をかけます。

実際にこの手続きを実践してみると予約手続きを行う上で新規の予約を一から手続きするのと比べて変更手続きを行う方が入力する項目が少ないことが分かりました。

そのため事前に ダミー予約を作成しました。

上のような「空席待ち予約」なら発券手続き、支払いを行う必要もありません。

この方法によりわたしが行っていったANA国際線特典航空券ビジネスクラスを予約した手続き・ながれについてご紹介いたします。

往路希望日開放日の1週間ほど前

出発地羽田、到着地ロンドンにて希望日ではない往路復路日程のダミー「空席待ち予約」記録を作成。

往路希望日開放日

事前に作成していた「空席待ち予約」記録を基に変更手続きを行う。往路復路とも往路希望日に変更をかける。結果往路は希望日に復路も本来の希望日ではないが変更成功。

復路希望日開放日

復路のみを本来の希望日の日に変更をかける。結果、無事に成功。

このような流れで希望日通りのビジネスクラス2席を予約、発券することが出来ました。

これから特典航空券発券を目指すあなたへのアドバイス

往路について

あなたの往路希望日を出来れば開放日に確保したい所です。

運悪く確保できなかったとしても「空席待ち予約」を入れておきましょう。

また、第二希望の往路希望日を検討しておき第二希望の予約も同様の方法で取りにいき、もし往路が取れたなら第一希望日がうまくいかなかったときのために第二希望をキープしておくのも良いと思います。

復路について

こちらは本来の希望で本気で予約を取りたいと思う人もいる一方、往路と同日予約を行い後日ずらす人もいます。

こちらも運悪く予約を取れなかったとしても「空席待ち予約」を入れて、後日このようなお知らせメールが届くのを待ちましょう。

空席待ちがお取りできました

特典航空券の発券を目指してみると往路でも空きが生まれることがあります。

これは第二希望として確保していた人がその後第一希望がうまく取れたためにキャンセルしたのかも知れません。

「空席待ち予約」をしておくと実際に空席が発生するとANAから席が確保できましたとお知らせのメールが届きます。

往路の開放日に復路の予約も取らなければ行けませんが、あなたにとっては後日ずらす予定の日程であったとしても、誰かにとってはその日に動かしたい本命の日であるかも知れません。

運悪く希望日に予約が取れなくても「空席待ち予約」を入れあきらめずに待ちましょう。

ANAマイルで国際線特典航空券を発券する前に知っておくべきルール

2020/01/06(月)

まとめ

この記事ではわたしが初めて目指したビジネスクラスANA国際線特典航空券羽田-ロンドン線を予約した方法についてご紹介しました。

その後もわたしたちは羽田-ニューヨーク線、羽田-ホノルル線、羽田-フランクフルト線とビジネスクラス特典航空券発券に成功し続けています。

この記事の内容は2016年に行った方法ですがその後もうまくいっているのでANA上級会員を目指すこともなく相変わらず一般会員のままです。

羽田-ホノルル線ビジネスクラス編、羽田-フランクフルト線ファーストクラスビジネスクラス編も記事を作成しておりますのでよろしければ参考になさってください。

ANAマイルでハワイ特典航空券ビジネスクラスを発券した方法

2019/10/07(月)
ANA特典航空券獲得ノウハウ

AMC平会員のわたしがお盆の特典航空券羽田フランクフルト線ファーストクラスビジネスクラスを確保できた理由

2019/09/02(月)

わたしは飛行機に乗らずに貯めたマイルで ロンドン・ニューヨーク・ハワイ・ヘルシンキへの ビジネスクラス旅行を楽しんできました。

初心者が他人の助けを借りず、自力でマイルを貯めた経験 無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。

この記事がANAマイルを使って国際線特典航空券ビジネスクラス発券を目指すあなたのお役に立てたなら幸いです。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


ABOUTこの記事をかいた人

東京都出身、単身赴任中のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。