クレジットカードに付帯する保険で海外旅行保険は足りるのか?

あなたは海外旅行に行くときにいつも海外旅行保険に加入されますか?

海外旅行保険は旅行会社で取り扱っているものもあれば、ネットから加入できるもの、そしてクレジットカードに付帯されている海外旅行保険もあります。

この記事は海外旅行保険の必要性と共におすすめするクレジットカードに付帯する海外旅行保険の実力を紹介、保険会社の海外旅行保険の代用になり得るのか考察してまいります。

海外旅行で備えておきたい保険の担保項目は何

海外旅行保険のお世話にならずに帰国できることが一番良いのですが、あなたはどんなことが心配ですか?

パスポートや貴重品を盗まれてしまう。

旅先の気候の違いにより体調が悪くなる。

こともあるかもしれません。

わたしの家族の友人はハワイのビーチで日焼けし過ぎてやけどになり病院に行ったと聞きました。

海外では日本の健康保険は使えませんから、現地の病院で病気やけがの治療を受けることになると治療費は高額になってしまうケースも少なくありません。

海外旅行保険の主要な担保項目とその内容について確認しておきます。

死亡・後遺症障害(傷害・疾病)

ケガや病気によって死亡あるいは後遺症障害が残った際の補償です。

疾病・傷害治療

旅行中に発生したケガや病気による治療費を補償します。

救援者費用

病気やケガにともなって発生した輸送費などを補償します。具体的には、親族が駆けつける際の渡航費や滞在費、医師・看護師をともなうチャーター機による搬送費などに対して保険金が支払われます。こちらも高額費用が発生するケースが多く、重要な補償となります。

個人賠償責任

他人にケガをさせた、他人の持ち物を破損させたなどで賠償請求された際の補償です。

携行品損害

所持品の盗難被害にあった際の補償です。

どのくらいの補償金額を目安に保険に加入したら良いの?

海外旅行保険は、海外旅行中に起こった想定外の事態によって生じた経済的損失をカバーしてくれる保険です。

旅行先で病院に通院した時の治療費、他人の物を傷つけてしまったときの賠償責任、貴重品など持ち物が盗難にあったときの補填といったものを主な補償対象としています。

いざという時の経済的損失はお手持ちの預金があるから大丈夫というのも正しいと思います。

ではこれらの不測の事態に備えておきたい金額について検討してみます。

死亡・後遺症障害(傷害・疾病)

死亡・後遺症障害補償の金額目安は、人それぞれ状況によって変わってきます。単身か所帯をお持ちなのか、他にも生命保険に加入している場合、海外旅行保険で高額な死亡補償を付けなくても遺族への補償は十分というケースも考えられます。

疾病・傷害治療

海外の治療費は高額請求されたという実例があるので、500万円以上の補償は準備したいところです。1,000万円程度あると安心でしょう。

救援者費用

親族の渡航費、宿泊費用を考えると200万円程度の補償額はあると安心です。

個人賠償責任

どのような損害を与えたかによって賠償金も変わってきます。車を運転するなどしなければ多額な補償は考えなくても良いと考えます。500万程度あると安心でしょう。

携行品損害

携行品損害については大きい金額は不要です。30万円程度あれば充分でしょう。

他にも飛行機の遅延や欠航によって発生した予定外の交通費、宿泊費、食事代や空港で預けた荷物が行方不明になった際、身の回り品の購入費、旅行中に親族の不幸で急遽帰国しなければならくなったときの費用など様々なリスクをカバーする項目もあります。

保険会社とクレジットカードに付帯されている海外旅行保険の違い

保険が適用される条件の有無

多くのクレジットカードでは付帯されている海外旅行保険の適用を受ける条件として、旅行代金の一部をカードで支払う必要があります。(利用付帯

一部のクレジットカードは旅行代金を支払わなくても海外旅行保険の適用を受けられるものもあります。(自動付帯

保険会社の場合は補償内容を選んで加入することが出来る安心感があります。

各項目の補償限度額に違い

クレジットカードに付帯されている保険では、各項目の限度額が各会社によって違いがあります。

一般カードよりもゴールドカードの方が限度額は高い傾向があります。

また補償金額が足りない場合は異なるクレジットカード会社の補償を合算することも出来ます。

保険会社の場合は気になる項目だけを手厚く保険金額を上げられるタイプもあります。

旅先でのトラブルへの対応に違いも

保険会社、クレジットカード会社の中には海外でトラブルが発生した時に日本語で相談できる窓口を用意している会社もあります。

旅行先での治療費立て替えしてくれる場合も

海外での治療費は高額になることもあります。現地で高額な治療費の支払いが必要になる恐れも。また海外の病院では支払い能力を証明できないと治療を拒否されることも。

多くの保険会社、一部のクレジットカード会社は治療費を立て替えすることなく治療を受けられます。(キャッシュレスメディカルサービス)

お子さまなど補償の対象となる家族の範囲に違い

クレジットカードに家族特約などが付帯されている場合、クレジットカードに付帯されている保険でお子さまも補償される場合があります。

家族特約などの有無、適用の条件・範囲(お子さまの年齢などが適用範囲に含まれているかなど)ご確認ください。

保険会社であればもちろん小さなお子さまも加入できます。

出発前にインターネットで申込みが可能なおすすめの海外旅行保険

ジェイアイ傷害火災保険株式会社から発売されているネット専用リスク分散型海外旅行保険の「t@biho」(たびほ)をおススメします。

この商品の魅力を3つ紹介すると

保険料が経済的

ネット専用保険のため見積もりをしてみると他の保険会社と比べて低価格。

カスタマイズで選べる補償

充実した補償項目を旅のスタイルや渡航先のリスクに応じて組み合わせ事由に必要な補償項目に絞って加入が可能。

ネットでリアルタイムに素早く各種お手続きが完結

お申し込みはもちろん、取り消しや日程変更を海外からでもネットでOK。

海外旅行保険内容が充実しているおすすめのクレジットカード

エポスゴールドカード

「エポスゴールドカード」は、関東に店舗の多い「丸井グループ」が発行しているクレジットカードです。

エポスカードを継続して利用を続けていると、永年年会費無料のエポスゴールドカードのインビテーションが届きますが、インビテーションを待たなくてもカード作成審査に通り初年度年会費5,000円(税込)支払えば所有することができます。

おすすめポイント
  • 海外旅行保険は自動付帯
  • 国際ブランドは世界シェア1位のVISA
  • 年間ご利用金額50万以上で翌年以降永年無料
  • 緊急医療アシスタンスサービスが24時間日本語でサポート

エポスゴールドカードの海外旅行保険の主な内容は以下の通りです。(引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社) 

保険内容 保険金額
 傷害死亡・後遺障害  最高1,000万円
 傷害治療費用  300万円(1事故の限度額)
 疾病治療費用  300万円(1疾病の限度額)
 賠償責任  2,000万円(1事故の限度額)
 救護者費用  100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
 携行品傷害(免責3,000円)  20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

 エポスゴールドカードには家族特約がありません。しかし家族の一人が代表者となりエポスゴールドカードを所有すると代表者からの紹介により家族は年会費無料でエポスゴールドカードを所有することができます。(エポスファミリーゴールド制度)

エポスファミリーゴールド

エポスファミリーゴールドは大学生の家族を紹介してもエポスゴールドカードの審査が通るのか!?

2018/06/30(土)

そのため、代表者が初年度年会費5,000円支払い年間50万円カードを利用すれば、家族全員が永年無料でエポスゴールドカードを所有し続けることができます。

エポスカードの緊急医療アシスタンスサービス(キャッシュレスメディカルサービス)では海外旅行保険事故受付センターへ電話連絡すると、24時間いつでも日本語で対応し、さまざまなサービスを速やかに手配してもらえます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」は海外旅行保険付帯サービスの項目、補償金額が優れています。(引受保険会社:損保ジャパン日本興亜株式会社、セゾン自動車火災保険株式会社)

おすすめポイント
  • 海外旅行保険は自動付帯
  • 国際ブランドは人気のアメリカンエキスプレス
  • 初年度年会費無料翌年以降年会費10,000円
  • 緊急医療海外メディカルヘルプラインが24時間日本語でサポート

 

保険内容 本会員保険金額 家族保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 3,000万円
救護者費用 200万円
携行品傷害(免責3,000円) 30万円
寄託手荷物遅延費用 10万円
寄託手荷物紛失費用 10万円
乗継遅延費用 3万円
出発遅延費用 3万円

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードもエポスカードと同様にケガや病気で困っている際には海外メディカルヘルプラインへ連絡、医療・緊急手配サービス兼キャッシュレスサービスを受けらます。

また家族カードを発行すると家族も本会員と同じ海外旅行保険が付帯されるので、家族旅行でなくても活用できますね。

これだけの内容なので初年度年会費無料、翌年以降年会費10,000円(税抜き)掛かるのも仕方ないと思います。

ところがわたしはこのカードを年に一回以上利用することで毎年の年会費が家族カードを含めて無料となる条件で発行しました。

特別な条件とキャンペーンが重なった時だけしか実質年会費無料の条件で申し込めませんが、また同じキャンペーンが開催されるかもしれません。

詳しくは下記記事をご覧ください。

セゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカードを実質永年年会費無料で発行できる次のチャンスはいつ?

2019/12/09(月)

 まとめ

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は各項目ごとに限度額が決まっていますが、合算して利用することが出来ます。

この記事で紹介したエポスゴールドカードとセゾンゴールドアメリカンエキスプレスカードの二つのカードを持参するだけで600万円の傷害治療、疾病治療の補償が得られます。

補償金額に不安が残るなら、不足分を「t@biho」で補うと海外旅行保険にかける費用を抑えることができるでしょう。

クレジットカードだけで十分とは言えませんがこれらのカードは持っているだけで大きな補償と安心を得られますのでまだお持ちでない方は申し込みを検討されることをおススメします。

わたしは飛行機に乗らずに貯めたマイルで ロンドン・ニューヨーク・ハワイ・ヘルシンキへの ビジネスクラス旅行を楽しんできました。

初心者が他人の助けを借りず、自力でマイルを貯めた経験 無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。

この記事が海外旅行保険の必要性について検討されているあなたのお役に立てたなら幸いです。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。