auユーザーに朗報!エポスカードで得たポイントを50%増量する使い方とは

エポスカードをショッピングで利用すると通常200円につき1エポスポイントが付与されます。

このエポスポイントをあなたはどのように利用なさっていますか?

エポスプリペイドカードへのチャージに充当すると現金同様にお買い物出来ますね。

でも1円の価値のある1エポスポイントを1.5円相当の価値にすることが出来たら利用したいと思いませんか。

この記事ではauケータイ・スマホユーザー限定の裏ワザ、エポスカードの利用で貯めたエポスポイントの価値を高めて利用する方法についてご紹介していきます。

エポスポイントをPontaポイント(旧au WALLETポイント)に交換すると、50%増量のチャンスが

エポスポイントが1,000ポイント以上貯まるとauユーザー限定でau WALLETポイントに交換が可能です。

このau WALLETポイントはau PAYポイントに呼称が変わり現在はPontaポイントに統合されました。

そしてPontaポイントはau PAYマーケット限定ポイントに交換することでポイントの価値を50%アップすることが出来ます。

このキャンペーンを活用しない手はないですよ。

au PAYマーケット限定ポイントの使い道

au PAYマーケット限定ポイントはau PAYマーケットやau PAYふるさと納税で利用が可能です。

au PAYマーケットとは

au PAYマーケットとはKDDI(株)とauコマース&ライフ(株)が運営するインターネット上の総合ショッピングモールのこと。

家電、インテリアからファッション、日用品、グルメにいたるまで、いろいろな商品と出会えます。

あなたの探している商品も販売しているお店がきっと見つかるでしょう。

au PAY マーケットを見てみる

au PAY マーケットはauIDを作成、そのauIDをau PAY マーケットへ会員登録することで利用を開始できます。

au PAY マーケット 新規会員登録はコチラ!

au PAYふるさと納税とは

au PAYふるさと納税とはKDDI(株)が運営するふるさと納税サイトです。

au PAYふるさと納税サイトは総務省より「ふるさと納税の対象となる団体」と指定されている自治体のみ寄附を受け付けるので安心。

季節により旬の返礼品を紹介しています。

ふるさと納税では2,000円の自己負担がありますが、4,000ポイントをau PAYマーケット限定ポイント6,000ポイントに交換すると2,000円を取り戻すことも可能。

最新の返礼品情報はこちらでご確認ください。

au PAY ふるさと納税

ポイント50%増量キャンペーンに参加するには

Pontaポイントをau PAYマーケット限定ポイントへ50%増量するキャンペーンの内容は次の通り。

実施期間

2020年6月1日 10:00から2020年7月1日9:59

交換比率

Pontaポイント 100ポイント=Pontaポイント(au PAYマーケット限定ポイント) 150ポイント

交換可能なポイント数

ポイント交換単位 100ポイント
最小交換ポイント数 100ポイント
最大交換ポイント数 2,000ポイント

実施期間中交換できるポイント数は、1回の交換につき2,000ポイントまで。

期間中交換できる回数は2回まで。

よって合計4,000ポイントをau PAYマーケット限定ポイント6,000ポイントへの交換が上限となります。

ポイント有効期限

ポイント交換日から30日後。

ポイント付与について

Pontaポイント(au PAYマーケット限定ポイント)への交換は、反映に数時間かかる可能性有り。

その他ポイント交換に関する詳細は公式サイトにてスマートフォンよりご確認ください。

お得なポイント交換所 au PAYマーケット

エポスカードでエポスポイントはもっと貯まる

エポスカードは特に手間を掛けなければ200円につき1ポイント、0.5%のエポスポイント還元ですが少しの手間を惜しまなければ還元アップを狙えます。

au PAY残高チャージでポイント二重取り

au PAY残高とはスマホ決済サービス「au PAY」、「au PAYプリペイドカード」共通で利用可能な電子マネーのこと。

特定のクレジットカードからau PAY残高にチャージすることが出来ますがエポスカードでチャージするとエポスポイントがもらえます。

そして「au PAY」、「au PAYプリペイドカード」でショッピングすると200円につき1ポイントPontaポイントが還元されます。

「au PAY」で支払えるお店やMasterCardの使えるお店で「au PAYプリペイドカード」を利用すれば実質的にチャージによる0.5%還元にショッピングによる0.5%還元が上乗せされ1%還元と同じです。

au PAYは特典を生かして高還元を狙うのがオススメ

2020/04/26(日)

「いつでもリボ」のご利用分をPayEasy返済で還元0.5%アップ

エポスカードには「いつでもリボ」というサービスがあります。

メリットは二つ

カード利用のショッピングがすべて自動的に「リボ払い」になるので毎月のカード利用返済額を抑えられること。

「いつでもリボ」を登録した以降のお買い物で還元されるエポスポイントが0.5%アップすること。

デメリットと言えば

リボ払い対象ショッピングに対して実質年率15.0%の手数料が発生すること。

もしあなたが1万円のショッピングをしたなら、

得られるプラスアルファのエポスポイントは0.5%アップなので50円。

一方初回の支払いで全額返済したとしても10,000円を22日分

これらのメリットとデメリットを比べるとデメリットの方が年率15.0%の手数料を計算すると

10,000X0.15X22/365で90.4円

もらえるポイントより支払う手数料の方が高いので普通はおすすめしないのですが、裏ワザを利用すれば手数料を支払うことなくポイント還元だけもらう事が出来ます。

それは翌月の支払いが確定する時に支払い金額全額を完済してしまう事。

もしあなたの毎月のエポスカード支払日が27日なら、毎月5日ごろに前月利用の支払いが確定します。

その時期にPay-easy(ペイジー)の利用可能な銀行口座からスマホ一つで簡単に全額返済が出来ます。

わたしはこの方法を毎月実践、0.5%還元アップを得ています。

エポスカードの還元率をひと手間かけて0.5%アップさせる方法

2019/12/15(日)

ここまでで1.5%還元が得られます。

ゴールドカードに昇格しボーナスポイントを目指そう

エポスカードは一年間で50万円のカード利用があるとゴールドカードへのインビテーションが届きます。

このインビテーションが届くと永年年会費無料なのにゴールドカードのメリットを受けられるのでお申込みされることをおすすめします。

エポスゴールドカードの最大のメリットは年間100万円のご利用でボーナスポイントが10,000ポイントもらえることです。

一年間でちょうど100万円のご利用なら還元が1.0%アップしたのと同じです。

これも加えると2.5%還元が目指せますよ。

まとめ

au PAYで貯まるポイントがPontaポイントに統合されたことでポイント使い方に変化が起こりました。

この記事でご紹介したようにエポスゴールドカードからau PAY残高へチャージ、「au PAY」または「au PAYプリペイドカード」を年間で100万円利用、毎月Pay-easy(ペイジー)でエポスカード利用額を返済すると20,000エポスポイント+5,000Pontaポイントの還元が目指せます。

あなたがauユーザーならこれらのポイントをすべてPontaポイントに集約、毎月au PAYマーケット限定ポイントに交換すると、

25,000Pontaポイント ⇒ 37,500Pontaポイント

に価値がアップします。

ぜひauユーザーだけが交換できるエポスポイント⇒Pontaポイントの特権を活かしてください。

わたしは飛行機に乗らずに貯めたマイルで ロンドン・ニューヨーク・ハワイ・ヘルシンキへの ビジネスクラス旅行を楽しんできました。

初心者が他人の助けを借りず、自力でマイルを貯めた経験 無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


ABOUTこの記事をかいた人

東京都出身、単身赴任中のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。