ANA国際線特典航空券予約と同時に国内線片道分の特典航空券をプラスしよう!

あなたは貯めたANAマイルでお得に特典航空券を発券できていますか?

せっかく貯めたマイル、1マイル当たりの価値を高め特典航空券を発券したいですよね。

わたしはこれまでロンドン、ニューヨークといった長距離国際線のビジネスクラス発券や人気のハワイ路線ビジネスクラス発券に注力してきました。

しかし、工夫によってはANAマイルで発券した国際線特典航空券で羽田や成田、関空に戻ってからストップオーバー(途中降機)の制度を利用して数カ月先の国内線片道特典特典航空券を発券する事が出来ることを知りました。

この記事はマイルの上手な使い方を探している人に向けて、ストップオーバーの上手な利用方法についてご紹介していきます。

ストップオーバー(途中降機)とは

ストップオーバーという言葉に耳慣れない方も多いのではないでしょうか。

わたしもマイルを利用した特典航空券の発券を重ねるまでは聞いたことがありませんでした。

旅の目的地の空港があなたが利用する最寄り空港から直行便が結んでいない時、途中どこかの空港を経由して目的地の空港へ向かうことになります。

この経由する空港での乗り継ぎにかかる時間が24時間以内の時は乗り継ぎ扱いとなりますが、乗り換え空港の都市も観光したいなど24時間を超える滞在を望むならストップオーバー(途中降機)扱いとなります。

一度の海外旅行で2都市を観光

一例として以下の条件で旅を計画すると、経由地であるミュンヘンでストップオーバー(途中降機)し観光して目的地へ向かうことが出来ます。

出発地 羽田

目的地 バルセロナ

経由地 ミュンヘン

このような旅程を組むとバルセロナ観光前にミュンヘンでストップオーバー(途中降機)してミュンヘン観光をすることもできます。

海外での途中降機は往路か復路に一回限りなので往路はミュンヘンでストップオーバー(途中降機)観光を楽しみ復路のフランクフルトを乗り継ぎ地とする旅程で発券できます。

ひとつの特典航空券で国内線のストップオーバー(途中降機)も可能券

このストップオーバー(途中降機)のルール、海外2都市を一つの特典航空券で楽しむ代わりに国内に適用することも可能です。

海外ではストップオーバー(途中降機)せずに乗り継ぎで帰国した場合は、国内でストップオーバー(途中降機)を加えられます。

ミュンヘンでストップオーバー(途中降機)をしないのなら、代わりに国内でストップオーバー(途中降機)して8月に羽田 – 沖縄の片道の特典航空券を加えても必要マイルは変わりません。

沖縄からの復路は別途JALマイルやブリティッシュエアウェイズのAvios(マイル)を使ってチケットを発券するか、LCCで手配すれば夏の沖縄旅行も格安で楽しめそうですね。

ただし、国内線のストップオーバー(途中降機)を付ける時には注意が必要です。

このストップオーバー(途中降機)のルール、スターアライアンス特典航空券ルールで運用されており日本発着のANA便のみの利用であるANA国際線特典航空券のルールでは使えません。

具体例では(往路) 羽田 – フランクフルト(復路)ミュンヘン – 羽田といずれもANA便を利用した場合、ANA国際線特典航空券のルールが適用され国内線のストップオーバー(途中降機)を加えることが出来ません。

ANA便の日本人キャビンアテンダントからきめ細やかなサービスを受けたいと希望したい所ですが残念ながら使えません。

 まとめ

ANAマイルを利用した特典航空券発券ルールが奥が深いと感じます。

日本と欧州を結ぶ便なら日系のANA便を利用した方が海外航空会社を利用するのと比べて機内サービスの質が高いですよね。

特典航空券を利用、欧州内で乗り継ぎする旅程であればこのストップオーバー(途中降機)はぜひ活用をおすすめしたい制度です。

海外で途中降機して観光に当てても良し、海外で途中降機しない場合は日本国内の片道を付けられるので旅の楽しみを倍増させてくれますよね。

わたしは飛行機に乗らずに貯めたマイルで ロンドン・ニューヨーク・ハワイ・ヘルシンキへの ビジネスクラス旅行を楽しんできました。

初心者が他人の助けを借りず、自力でマイルを貯めた経験 無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。

この記事が特典航空券を有効に活用したいと検討しているあなたの参考になったなら幸いです。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


ABOUTこの記事をかいた人

東京都出身、単身赴任中のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。