【紹介ID付き】イオンカードセレクトに新規入会するなら還元がMAXになる時期に!

2020年10月3日現在の情報です。

イオンカードをどこからで申し込むか

イオンカードはさまざまな特徴を持った種類の多いカードがありますが、将来的にイオンゴールドカードを目指されている方は、以下ののイオンカードを保有していないとイオンゴールドカードのインビテーションが届きません。

イオンカード(WAON一体型)
イオンカード
イオンカード(ディズニー・デザイン)
イオンカードセレクト
イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)

なかでもおススメはイオンカードセレクトです。

イオンカードセレクトをお持ちの方がイオン銀行に口座を開設すると普通預金の金利が0.1%となります。
これは三菱UFJ銀行の普通預金金利0.001%の実に100倍に相当します。

それでは

「あなたはイオンカードをどこから申込みしようとお考えですか」

・・・

「どこも同じじゃないの?」

とお考えなら、私のようにもったいない結果になる可能性が高いです。

わたしはイオンに設置されているイオンカード申込みイベント会場で申し込みました。

2,000円のイオン商品券を頂いたので、その時は喜びました。

イオンカードを申し込むにはまずイオンカードカウンターが思い浮かびます。

また家からパソコンやスマホを使ってイオンカードの公式webサイト”暮らしのマネーサイト”から申し込むことも可能です。

イオンカードカウンターにて申し込みを行い商品券をもらえれば、それはそれでお得なのですが・・・。

それよりも公式webサイトを経由した申込みの方が申込者のメリットが大きい場合が多いです。

カウンターを設置する場合、カード会社にとって新規カード会員を獲得するのに会場を確保し人を構えていれば相応の経費がかかってきます。

一方公式webサイトからの申し込みの場合、サイトを準備するのに費用は掛かりますが、新規客一人獲得にかかる経費はより少なく済むので入会者に還元できる金額も大きくなるのは当然とも言えます。

但し、公式webサイトからの申し込みは年中同じ金額のポイント還元を行っているわけではないので申込みのタイミングも大切になってきます。

現在公式webサイトで行っている入会キャンペーンは

申込期間 2019年7月1日~2019年9月30日

還元額 カードご利用代金最大20%キャッシュバック

※一定期間にカードを利用する条件が付帯

という内容です。

同じイオンカードを申し込むなら還元される金額が高い方が良いですよね。

過去の入会キャンペーン還元金額を記録しておりますので参考になさってください。

      申込期間   最大還元額
2018年3月1日~2018年5月31日 6,000円相当
2018年6月1日~2018年8月31日 6,000円相当
2018年9月1日~2019年2月28日 8,000円相当
2019年3月1日~2019年5月31日 6,000円相当
2020年9月1日~2020年10月31日 1,500円相当

イオンカードセレクトお申し込み

紹介IDを入力して現在開催中のキャンペーン期間にお申込みを!

せっかく新規にカードを入会するのなら、キャンペーンをクリアし最大還元額を目指しましょう!

紹介キャンペーン期間 2019年6月1日(土)~2019年11月30日(木)

イオンカードセレクト申込みフォームにイオンカード会員の「紹介ID」を入力して申し込みください。

私はイオンゴールドカードセレクトを保有しております。

私の「紹介ID」をお知らせします。

「紹介ID」 6SBAX2

イオンゴールドカードの取得の条件

イオンゴールドカードは年会費が無料でありながら

  • 全国のイオンラウンジで無料ドリンクを楽しめる
  • 羽田空港ラウンジサービスを利用可能(2019年4月より6空港12か所へ拡大)
  • 海外旅行保険が自動付帯(2019年4月より利用付帯になるが、補償額が大幅アップ)
  • ショッピングセーフティ保険の補償が充実
  • 家族カードも無料で発行可能

とベネフィットが多いのが魅力です。

イオンゴールドカードを所有するにはインビテーションを待たなければなりませんが、最もオススメしたいカードはイオンカードセレクトです。

公式サイトではイオンゴールドカードの発行条件は

”直近年間カードショッピングが100万以上の方に発行しております。(※)”

と掲載されいます。

※ イオンゴールドカードは、他の一定の基準を満たしたお客さまにも発行しております。

とあり他の一定の条件は明らかにされていませんが、以下の内容ではないかと推測されています。

  • イオンカードのイオングループの各店で年間60万円以上
  • イオン銀行に定期預金500万円以上
  • イオン銀行に定期預金100万円以上を1年以上継続して預入
  • イオン銀行で投資信託を一定の金額購入
  • イオン銀行の住宅ローンを契約
  • イオン銀行の個人年金保険を契約

但し、それぞれの条件は公式に発表されておらずまた検証したわけではないので責任は持てません。

わたしの場合はイオン銀行に500万3か月定期預金を預入、3か月後にインビテーションをいただきました。

2017年に経験した内容です。今も同じ条件かは保証できかねますので参考情報程度にご認識ください。

まとめ

  • イオンカードセレクトに入会するなら好条件のキャンペーン時期に公式サイト経由で
  • イオンゴールドカードは無料で価値の高いカード、但しインビテーションをもらう必要有

わたしはイオンゴールドカードセレクトをサブカードとして活用しています。

イオンでの買い物はマイルを貯めていることからJALカードが優先になりますが、ある商品の割引条件をクリアするためイオンカード決済を行った所、パスポート割引なるものが送られてくるようになりました。

この割引で支払額が5%引きや10%引きになりますが決済条件がイオンカードなので不可欠です。

イオンが生活圏内にありイオンゴールドカードを目指す方にはイオンカードセレクトをおススメします。

わたしは飛行機に乗らずに貯めたマイルでロンドン・ニューヨークへのビジネスクラス旅行を経験しました。

初心者が他人の助けを借りず、自力でマイルを貯めた経験を無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    東京都出身、単身赴任中のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。