ローソンの買い物でANAマイルを効率良く貯める方法

あなたの家の近くにはローソンはありますか。

またあなたはANAマイルを貯めていますか。

ローソンはJALマイルと相性が良いコンビニですが、支払方法の工夫でANAマイルを効率良く貯める事もできます。

この記事ではANAマイルを貯めている方に向けて、どのような決済方法を取ると効率的にANAマイルが貯まるのか比較しながらご紹介していきます。

ローソンでは支払い方法により還元されるANAマイルが変わります

ローソンでのお買い物で選択すべき決済手段と還元されるANAマイル還元率を比較してみましょう。

クレジットカード(ANAカード)

ローソンのお買い物をANAカードで決済するとANAカード発行会社のポイントが還元されます。

還元されたポイントはANAカードの種類(ANA一般カード、ANAゴールドカード、ANAプレミアム)によってショッピング金額の0.5%~1.5%相当のANAマイルに交換することが可能です。

ANA一般カードは通常0.5%相当のANAマイル還元ですが、マイルアップと呼ばれる追加年会費(カードブランドにより異なり税別5,000円~6,000円)を払うことで、1%還元に上昇します。

またローソンではPontaポイントまたはdポイントが100円につき1ポイント貯まります。

しかしながらこれらのポイントをANAマイルに交換するルートが現在はありません。

そのためANAマイルは1%還元になります。

ANAカード 100円 = 発行会社ポイント = 1ANAマイル 還元率1%

Pontaポイント 100円 = 1Pontaポイント

三井住友カードのANAカードなら毎月わずかなリボ払い手数料を発生することで得られる還元率を上昇させることが出来ますが、ここでは省略します。

電子マネー 楽天Edy

ANAカードに楽天Edyが付帯されていれば、ローソンにて楽天Edyで支払うたびにANAマイルが貯まっていきます。

貯まるANAマイルは1,000円の支払いで5ANAマイル、0.5%還元です。

楽天Edyが付帯されているANAカード

ANA VISAカード

ANA JCBカード

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANAアメックスカード

また対象のANAカード(ANA JCBワイドゴールドカード、ANA ダイナースカード、ANAカード プレミアム)から楽天Edyへクレジットチャージすると200円につき1マイル貯まり、0.5%還元。

さらにANAカードには「モバイルプラス」というオプションがあって月額300円、つまり年間3600円(税別)支払うとEdyでのご利用200円(税込み)で3ANAマイルが貯まります。

まとめると次の通りです。

ローソンで1,000円楽天Edy支払いした場合

獲得源 獲得マイル
楽天Edy 5マイル
クレジットチャージ 5マイル
モバイルプラス 10マイル

さらにPontaポイントまたはdポイントも貯まります。

すべて合わせるとANAマイル還元率は2%です。

楽天Edyモバイルプラス 200円 = 3ANAマイル 還元率1.5%

クレジットチャージ = ANAカード 100円 = 発行会社ポイント = 0.5ANAマイル 還元率0.5%

Pontaポイント 100円 = 1Pontaポイント

電子マネー 楽天Pay

楽天PayはiPhoneやスマートフォンに専用アプリをダウンロードすればどなたでも利用が可能です。

支払いはレジにて楽天Payで支払いますと伝えてQRコードを提示して読み取ってもらうだけです。

そのアプリに決済用カードとしてANAカードを登録するとANAカードからカード会社のポイントが得られ、楽天Payからも楽天ポイントが得られます。

得られる楽天ポイントは1,000円の支払いで5ポイントANAマイルに交換すると2.5ANAマイル、0.25%還元です。

ANAカード発行会社のポイント還元をANAマイル1%相当と考えると、合わせて1.25%還元と言えます。

さらにPontaポイントまたはdポイントも貯まります。

ANAカード 100円 = 発行会社ポイント = 1ANAマイル 還元率1%

楽天ポイント 400円 = 2楽天ポイント = 1ANAマイル 還元率0.25%

Pontaポイント 100円 = 1Pontaポイント

考慮しておきたいこと

気を付けるべき点は楽天Edyへのチャージでポイントが貯まるANAカードはどれも年会費が高く、モバイルプラスの加入もコストパフォーマンスが良いのか人により異なることでしょう。

モバイルプラスの対象店舗は楽天Edyで支払いが可能な店舗ならすべて対象となる為、日常の買い物を楽天Edyに集中することが出来る方なら問題はないですね。

まとめ

一番還元率が高いのは楽天Edyですが、これはコストパフォーマンスを考えて取り組むべきでしょう。

わたしの場合はこの方法は選んでいません。

一方楽天PayはANAカードをお持ちの方ならどなたでも取り組めます。

PontaポイントまたはdポイントがANAマイルに変えられないのが残念な点ですが、わたしはJALマイルも貯めていますので特にデメリットとして感じていません。

この記事がローソンでANAマイルを貯めようとお考えのあなたの参考になったなら幸いです。

わたしは飛行機に乗らずに貯めたマイルで ロンドン・ニューヨーク・ハワイへのビジネスクラス旅行を楽しんできました。

初心者が他人の助けを借りず、自力でマイルを貯めた経験を 無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。