ロンドン・マリオット・ホテル・カウンティ・ホール宿泊レビュー

マリオットカウンティホール外観

マリオットカウンティホールエントランス

ロンドンにある 「ロンドン・マリオット・ホテル・カウンティ・ホール(london-marriott-hotel-county-hall)」に宿泊してきました。

今回、男子プロテニスツアー世界ランキングTOP8による最終戦「Nitto ATPファイナルズ」を観戦するためにロンドンを訪れました。

O2アリーナコート8

ロンドンにはマリオットホテルが36あります。

マリオットホテルはブランド・ロケーション・施設のタイプにより1~9のカテゴリーに分かれています。(2017年11月当時)

ロンドン・マリオット・ホテル・カウンティ・ホールは最上位のカテゴリー9に位置付けられた5つ星ホテルです。(2017年11月当時)

ロンドン・マリオット・ホテル・カウンティ・ホールについて

マリオットカウンティホール内部ソファ

ロンドンで有名なテムズ川のほとりにあり、ウエストミンター橋のたもとに位置しています。

カウンティホールテムズ川

ホテルからはビッグベンやテムズ川、ロンドンアイを眺望できる歴史あるヨーロピアンスタイルの建物です。

マリオットカウンティホールラウンジビッグベン

実際クラブラウンジからビッグベンを眺めることができました。ロンドンアイはホテルのすぐ脇にありますが私の部屋からは眺めることができませんでした。こちらは部屋の眺望によるものと思います。

マリオットカウンティホールロンドンアイ

2009年より男子プロテニスツアー最終戦はロンドンO2アリーナで開催されており、以来選手たちが宿泊するオフィシャルホテルとしてこのホテルが利用されています。

マリオットカウンティホールatpoffice

ロンドン・マリオット・ホテル・カウンティ・ホールの予約

ホテルの費用を抑えたい場合、予約即キャンセル費用が発生する設定料金が最低価格となります。

一方リワードポイントでの宿泊は予約キャンセル料金が宿泊3日前まで発生しないので安心して予約を取る事が出来ます。

私たちはSPGアメックスカードを保有しており、マリオットリワードポイントへ移行できるSPGスターポイントを保有していたため、迷わずリワードポイントで宿泊することに決めました。

マリオットリワードポイントを利用しての宿泊の場合、マリオットのホームページより予約が可能です。

私たちは航空券を355日前に確保していました。

飛行機のチケット確保後、すぐにホテルの予約に取り掛かりましたが、予約開始時期は1年前にはできず、実際にリワードポイントで予約が取れたのは宿泊の10ヶ月前でした。

マリオットカウンティホールエントランス通路

アクセスについて

ロンドンヒースロー空港から地下鉄利用で約1時間

地下鉄ウォータールー駅より約320m

地下鉄ウエストミンター駅より約320m

ウエストミンター駅からホテルへ向かうの迷うことはありませんでした。

一方、ホテルを出てウォータールー駅へ向かったのですが、地下鉄の入り口が分かりにくいのでウエストミンター駅の利用をおススメします。

地下鉄ウエストミンター駅はホームから改札まではエスカレーターもしくはリフト(エレベーター)があります。

改札を出ても1か所だけリフト(エレベーター)があるので、重いスーツケースでも大丈夫です。

ただし空港との往復、地下鉄ピカデリー線のグリーンパーク駅で乗り換えましたが、階段の利用を余儀なくされ重いスーツケースを持ち運ぶこととなりましたのでご注意ください。

部屋の様子

マリオットカウンティホールドア

滞在した部屋はデラックスルーム,ゲストルーム,1キングです。

マリオットカウンティホールシャワーブーストイレ

部屋に入るた左右にモノトーンを基調とした壁・床の水回り、荷物がすべて収まってしまうほど大きなクローゼットがありました。

マリオットカウンティホールクローゼット

奥に進むとベッドルームはシックな絨毯の床、縦よりも横が長いキングサイズベッドの傍には白い壁に洒落た絵画が飾られています。

マリオットカウンティホール部屋内壁

無料のペットボトルの水が2本ありましたが、私たちがSPGアメックスカードを持っておりマリオットゴールドステータス会員のサービスのおかげかはわかりません。

マリオットカウンティホール部屋コーヒー

 

 

マリオットゴールドステータスの特典

私たちはマリオットゴールドステータス会員の為、エゲゼグティブラウンジのアクセス権を付与頂きました。

マリオットカウンティホールラウンジ入口

ラウンジでの朝食サービスはないものの、1Fのレストラン「Gillray’s Steakhouse & Bar」でのブッフェ朝食を連日頂きました。

マリオットカウンティホール朝食

特に印象深かったのは種類の多いブレッド類、写真にはありませんがクロワッサンはバターの香りがよく、サクサクとした食感がおいしかったです。

マリオットカウンティホール朝食2

夜のラウンジでは席へ着くとワンプレートに盛られた料理3種類の提供を受けました。

カウンティホールラウンジカナッペ

食事系はメニューが置いてあり追加の場合は費用が発生するシステムでした。

マリオットカウンティホールラウンジテーブル

飲み物はアルコールを含め無料で提供されていました。

カウンティホールラウンジドリンク

朝方、食事の後近くを散歩し水分補給にラウンジへ寄りましたが、ラウンジを利用する客は少なく冷蔵庫から自分の好みのドリンクを取り出し飲みましたがクランベリージュースは酸味も強すぎずさぱりした美味しさでした。

マリオットカウンティホールラウンジクランベリージュース

ラウンジからはビッグベンが望めました。あいにく改修工事が始まっており養生シートで覆われていましたが、透けて見えていたのは観光客への配慮だったのでしょうか。

マリオットカウンティホールラウンジ窓風景

大会オフィシャルホテルとして

ホテルエントランスには大会オフィシャルカーがたくさん駐車してあります。

マリオットカウンティホールラ車寄せ1

しかし選手はテムズ川を専用の船で会場のO2アリーナへ移動しているようです。

マリオットカウンティホールオフィシャルカー

ロビー近くには大会オフィシャルデスクがありました。

マリオットカウンティホール大会受付テーブル

チェックインする時には大会期間中だからナダルも宿泊しているよとフロントスタッフに聞かされ選手たちと遭遇するかもしれないとドキドキしていました。

マリオットカウンティホール受付

突然、選手と遭遇してもサインをもらえるようにとサイン帳とペンを準備していました。

チェックイン後、エレベーターに乗り込もうとすると早速エレベーターから降りてきたマリン・チリッチ選手と遭遇。

チリッチ選手はジュニアの頃から日本の大会でも活躍、全米オープン決勝ではわれらが錦織圭選手の壁として立ちはだかったので知名度は高いと思います。

見上げる大きさのチリッチ選手は目の前をあっという間に通り過ぎていきました。

以来、わたしはホテル内でいつフェデラー選手やナダル選手に出会っても良いようにとサイン帳を手に歩くのでした。

マリオットカウンティホール廊下

滞在期間を通してサインをして頂けたのは、カルロス・モヤコーチ(元世界1位)、サム・クエリー選手、マルセル・グラノーラス選手の3名です。

私たちがレストランで朝食を食べているときに試合会場へ向かう船に乗り込むラファエル・ナダル選手、ジャック・ソック選手を見かけました。

どの選手も体が引き締まってとても大きく、こんな屈強な選手たちをネットの向こうに対峙して対等に戦う錦織圭選手はすごいなと変に感心してしましました。

また、エレベーター内でテレビで良く見かけるでモハメッド・ラヒヤニ審判に遭遇しました。当時名前は覚えていなかったのですが、審判の人だよとの会話を聞きつけエレベーターの降り際に「アリガト」と日本語で挨拶してくれる優しい方でした。

O2アリーナコート4

テニス観戦の様子はこちらの記事で紹介しています。

Nitto ATPファイナルズ2017観戦レビュー

ホテルドアマンのホスピタリティ

私たちは滞在の間、市内のバスの乗り方も覚えホテルのチェックアウト後ロンドンヒースロー空港へ向かうのにホテルの前にあるバス停を利用しようと思いつきました。

チェックアウト当日、散歩からホテルへ戻った私たちはドアマンにホテル前のバス停から空港へ向かいたいが良いルートはないかと尋ねました。

わたしはてっきりお決まりのルートを紹介してくれるのかと期待していましたが、こんな5つ星ホテルを利用する宿泊客が市内のバスを利用して空港へ向かうなど少数派なのかもしれません。

ご自身のスマートフォンを取り出し検索をかけ画面を見せ説明してくださりました。

私たちのようなアジア人に対しても、丁寧に対応してくださる姿勢に好感を感じました。

マリオットカウンティホールatpファイナルズ

マリオット・SPG統合影響

2018年8月、マリオット系ホテルとSPG系ホテルのサービスシステムが統合されます。

その結果、1泊に必要なマリオットリワードポイント数が

45,000 → 60,000

と増加します。

しかし、統合までの移行期間ではspgスターポイント1ポイントをマリオットリワード3ポイントに交換出来ていたこの比率が甘さを是正する処置であると認識しています。

これまで45,000マリオットポイント→15,000SPGポイントではおトクすぎと感じています。

SPGポイントは35%offセールで購入すると1p約2.5円で購入可能です。

15,000SPGは約37,500円で購入できることになりますが、同じ部屋を事前購入料金で予約した場合£420(約62,000円)も掛かってしまいますからね。

今後はポイント宿泊の場合60,000マリオットポイント(約50,000円)ですが、それでもポイント宿泊が有利ですね。

マリオットポイントは直接購入の他にSPGアメックスカードを100円利用する毎に3マリオットポイント付与されます。

このペースで60,000マリオットポイントを目指すには200万円/年の決済が必要になってきます。

200万円/年の決済でロンドン・マリオット・ホテル・カウンティ・ホールを1泊(6万円相当)できるなら価値があると感じます。

SPGアメックスカードは年会費が31,000円(税別)ですが、初年度は友達紹介キャンペーン経由でカードを作成するとご入会後3か月以内に10万円以上のご利用で36,000マリオットポイント(12,000SPGポイント)がプレゼントされます。

我が家では友達紹介キャンペーンで家族を紹介、紹介をした方、受けた方へのボーナスポイントでホテル1泊分のポイントを頂きました。

また2年目以降はSPGカテゴリー6以下のホテルにおいて対象となる部屋に空きのある限り除外日なしで無料宿泊することができます。

我が家はこの特典で2泊分の無料宿泊を利用しています。

SPGアメックスカードを友達紹介キャンペーンを利用し発行したいものの紹介してくれるアメックスカード保有者が身近にいない場合は、私からもご紹介可能です。

下記フォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください。

折り返しメールに詳細を紹介urlを記載いたします。

お問い合わせ

*当ブログはアメックスの規約に基づいたご紹介方法を取っております。すべてアメックスに連絡が行き、当方では個人情報の管理はしておりませんのでご安心ください。

ロンドン・マリオット・ホテル・カウンティ・ホールまとめ

マリオットカウンティホール外観

ロンドン・マリオット・ホテル・カウンティ・ホールはNitto ATPツアーファイナルズの開催場所であるO2アリーナへ地下鉄一本でいける便利な場所にあります。

大会期間は今年度テニス界のエリート選手たちが滞在し、エレベータードアへの壁画や装飾など大会を盛り上げる特別な雰囲気を感じました。

マリオットカウンティホール装飾

人の少ないラウンジで寛いでいると、ホテルスタッフが話しかけてくれ慣れない英語でのコミュニケーションも良い思い出です。

マリオットカウンティホールラウンジセンターテーブル

2018年8月よりSPGアメックスカードを保有、ゴールドエリートとして受けられる特典にラウンジアクセス・無料朝食はなくなってしまいます。

しかしフレンドリーなホテルスタッフ、スタンダードな部屋でも広い室内、無料Wi-Fiと快適な滞在を堪能できる印象深いホテルです。

当ブログ管理人は飛行機に乗らずに貯めたマイルでロンドン・ニューヨークへのビジネスクラス旅行を経験しました。

初心者が他人の助けを借りず、自力でマイルを貯めた経験を無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。

この情報がこれから訪問を検討している方の参考になれば幸いです。

 


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    東京都在住のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。