ANAマイルでハワイ特典航空券ビジネスクラスを発券した方法

わたしは飛行機に搭乗することなくマイルを陸上生活で貯めているマイラーの一人です。

マイルを貯め始めてからのわたしたちの目標の一つはマイルを使ってハワイホノルル線ビジネスクラス特典航空券を発券することでした。

そして成田 – ホノルルANAビジネスクラス特典航空券を2018年に発券、2019年に夫婦で無事に観光を楽しんで来ました。

この記事ではマイルを貯め始めた人に向けてANA便ホノルル線ビジネスクラス発券に成功した体験談をご紹介いたします。

ホノルルビジネス

 ANAマイルを使って特典航空券を発券するには

特典航空券を発券するために必要なANAマイルが貯まるといよいよ旅の計画を立てたくなりますよね。

ANAマイルを使って特典航空券を発券するには次の二つのどちらかの方法で手続きを行う必要があります。

ANAウェブサイトより自分で手続きを行う

ANAのホームページへログイン後、ANAマイレージクラブ – 特典航空券 – ANA国際線より手続きをすすめます。

お電話でデスクの担当へ依頼する

日本国内からはANAマイレージクラブ・サービスセンター [2]国際線一般・特典航空券の予約へ進みデスクの担当に希望を伝えながら発券手続きをすすめます。

ANAマイレージクラブ・サービスセンター

0570-029-767(全国一律料金)
東京 03-6741-6683
札幌 011-726-6100
大阪 06-7637-6673
福岡 092-731-5700
名古屋 052-586-1717
沖縄 098-867-4560

サービスメニュー/受付時間

国際線一般・特典予約(【2】を選択)/24時間

この電話が発券に重要な日時ではなかなか繋がりにくいので困ります。

東京は繋がらなくても福岡に繋がることがあるかもしれません。

粘り強くかけ直す必要があります。

ようやく電話がつながっても初めは本人確認で時間が掛かってしまいます。この時間を短縮するためには携帯電話番号をANAマイレージクラブに登録しておくとその携帯電話から連絡した時は自動音声で「お客様番号」の入力が不要になるので便利です。登録していないお電話から連絡する時は「お客様番号」(数字10桁)と「AMCパスワード」(数字4桁)が必要になりますのでお電話前にご準備ください。

ANAマイレージクラブの上級会員には専用デスクが設置されており平会員よりは繋がりやすいそうです。

特典航空券人気路線を発券するために知っておきたい基本情報

特典航空券はいつから申し込めるのか、変更はできるのかなど基本情報を確認し人気路線の申し込み方法を解説します。

お申込期間

旅程の復路ご搭乗日の355日前(ご出発日含まず)午前9時(日本時間)から第一区間出発の96時間前までお申し込みになれます。※往復同時予約及び発券が条件になります。

※ANAホームページより

ここに重要な情報が含まれています。

ANA便の予約は「往復同時予約及び発券が条件になります」とありますが、ANA便のみの旅程であれば空席待ちが可能です。

空席待ち予約を行う場合、発券には至りません。

重要なことは次の点です。

例えば往路2020年5月1日復路2020年5月5日を希望していた場合、2020年5月5日の355日前午前9時に特典航空券を取りに行動を起こしても時すでに遅しです。

往路の2020年5月1日の特典航空券は残っていないでしょう。

そして他にも重要なルールがあります。

空席待ち、発券、ご予約変更期限のルールです。

発券タイミングと発券期限

特典でご利用になる旅程全区間のご予約がお取りでき次第、発券します。 ただし、発券期限を別途ご案内している場合はその期限内に承ります。
指定の発券期限またはご出発の14日前までに発券が完了していない場合、ご予約は自動的にキャンセルされます。

※ANAホームページより

空席待ち

空席待ちは、片道につき1便お預かりします。
ただし、既に座席が確保できている便がある場合、および、既に空席待ちをお預かりしている便がある場合は承ることができません。

※ANAホームページより

発券前のご予約変更期限

第一区間出発の14日前までまで変更が可能です。

※ANAホームページより

これらのルールを踏まえ人気のホノルル線の競争を勝ち抜くためには

往路希望日2020年5月1日の355日前午前9時に特典航空券を取りいきます。

その際、復路も同日の2020年5月1日として予約を取りに行動を起こすのです。

まずは往路の特典航空券を確保するために本来希望日ではない2020年5月1日の復路便も後日変更する前提で予約または空席待ちの申し込みで予約を入れてしまいます。

そして本来の復路希望日の2020年5月5日の355日前午前9時に5月1日として往路便と同日予約を入れていた復路便の変更をかけるのです。

わたしたちがホノルル線ビジネスクラスを発券できた理由

わたしたちがハワイを訪問したのは2019年4月、ビジネスクラス特典航空券の発券はその355日前でした。

わたしが発券した方法はANAホームページよりパソコンで往路復路の同一日予約、復路便予約開放日に復路便を希望日に変更を行いました。

わたしがANA便ホノルル線のビジネスクラス特典航空券を発券できた理由は次の4つではないかと考えています。

シミュレーションを繰り返す

パソコンで特典航空券を発券するにはいくつものステップを経ていきます。

次にどの場所をクリックする必要があるかを事前に何度もシミュレーションを行うことでライバルより早く予約できる可能性が高まります。

事前に予約を作っておき変更で手続き時間の短縮を図る

予約を作る際一から入力を行うよりは、すでに同じ出発地、目的地で事前に作っておいたダミー予約を使い予約変更にて日程を本来の希望日程に変更する手続きの方が、入力項目が少なくライバルより早く予約できる可能性があります。

旅行の候補日を絞り込まず複数の日程を用意する

わたしの場合は旅行の候補日を複数準備しておきました。

何日か特典航空券の発券はうまくいきませんでしたが、結果的には4泊6日の希望通りの旅程で二人分往復ビジネスクラス特典航空券を発券できました。

往路が希望通りに確保できた時は、復路へ空席待ちを入れておくと「空席待ちがお取りできました」とANAからメールが届くこともあります。

理由は本来希望でないのに復路を予約しているほかに方がいらっしゃり、後に変更され空きが発生することが良くあるからです。

わたしの場合は往路を確保、復路希望日に変更をかけてこちらも確保と空席待ちを行うこともありませんでした。

閑散期を狙う

ホノルル線に限らずですが、4月は他の月と比べて競争が少ないように感じています。

4月は新年度が始まる月であり予定が立てにくい事情も有るのかもしれません。

4月以外でも正月明けの1月や学生が休みに入る前の2月は閑散期と感じます。

この時期に特典航空券発券を試みるのはおすすめです。

わたしたちのスペック

わたしはANAマイレージクラブ会員の平会員です。

上級会員になると特典航空券が取りやすくなる(枠が追加で設けられる)という話を聞くこともありますが、今のところビジネスクラス特典航空券の発券が出来ているので上級会員を目指す予定はありません。

上級会員として得られる特典はビジネスクラスにより受けられるサービスと被る部分が多いためです。

わたしの特典航空券確保の方法が通じなくなった時が来たら、上級会員を目指すことを検討するのかもしれません。

ホノルル海辺

まとめ

わたしはせっかく手間をかけて貯めてきたANAマイルなので使い道としては国際線ビジネスクラスを発券したいと考えています。

ANAマイルはキャンペーンやポイントサイトを活用することで当初考えていたより早く目標マイルに到達しました。

貯める手間と比べるとビジネスクラス特典航空券を発券するのは難しく感じます。

それでも一年以上前から準備して行先や時期に選択の幅を持たせればホノルル線ビジネスクラス特典航空券の発券も可能でした。

この記事を参考にハワイへビジネスクラスで行けるようになる方がいらっしゃれば幸いです。

わたしはこれまで飛行機に乗らずに貯めたマイルで ロンドン・ニューヨーク・ハワイ・ヘルシンキへのビジネスクラス旅行を楽しんできました。

初心者が他人の助けを借りず、 自力でマイルを貯めた経験 無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。