家族のJALマイルをまとめる「JALカード家族プレミアム」のメリットとは

わたしがマイルを貯め始めたきっかけは、家族旅行でした。

個人に付与されるマイルは決して大きな数字ではありませんでしたが、家族4人のマイルを合わせると「東京-札幌」区間の特典航空券をディスカウントマイルならひとり片道ですが発券できることが分かりマイルを貯め始めたいと思いました。

JALは家族のマイルを合算して特典航空券を発券することが出来るプログラムがあります。

この記事ではそのために必要な手続きおよび活用方法をご紹介してまいります。

家族のマイルを合算すると出来ること

我が家がマイルを貯め始めるきっかけとなったのは、わたしたち家族がJALパックツアーを利用して4人で台北へ家族旅行へ行ったことでした。

東京-台北間の区間マイルは1,330マイルになりますが、ツアー利用の為、マイル付与率は50%でした。

一人につき付与されるマイルは往復で1,330マイルですが、家族のマイルを合算できれば1,330×4で5,320マイルになります。

あとから知りましたが、JALには「JALカードツアープレミアム」という制度があります。

本人・家族それぞれ年間2,000円(税別)が掛かりますが、JALパックツアー利用による通常フライトマイルが50%付与のところ100%付与に変わります。

2,000円(税別)を負担して1,330マイルがさらにもらえる訳ですが、マイルを貯めているわたしにとっては価値があると感じます。

補足「JALカードツアープレミアム」に申し込むにはJALカードを本会員または家族会員として保有する必要があります。まだ家族会員になれない高校生以下のお子様は申し込みできません。

わたしがツアープレミアムの費用を払ってもマイルを貯める価値があると感じている理由は、特典航空券発券においてマイルの価値を高める使い方をしてきたからです。

わたしたちがこれまで発券してきたJALマイルの特典航空券は

東京-沖縄 往復 11,500マイル/人

成田-ヘルシンキ 往復 ビジネスクラス 100,000マイル/人

成田-ヘルシンキ 往路 ビジネスクラス 55,000マイル/人

ヘルシンキ-成田 復路 プレミアムエコノミークラス 35,000マイル/人

1マイルが3円-7円の価値に相当するような特典航空券の発券が出来ているからです。

一人で貯めるよりは家族のマイルを無駄なく合算して使う仕組みがあるので「JALカード家族プログラム」への登録はおすすめです。

JALカード家族プログラムとは

JALのマイルを貯めるなら、JALマイレージバンクに登録する必要があります。

入会金・年会費無料で持つことが出来るJMB JGWカード、JMB WAONカードもありますが、まだJALカードをお持ちでないならキャンペーンに合わせてJALカードを申し込むと、いきなりまとまったマイルを貯めることも可能なのでおすすめです。

また、家族のマイルを合算したい場合、「JALカード家族プログラム」に登録が必要です。

登録資格・条件

JALカードの保有(本会員または家族会員)

ただし高校生以下ならJALマイレージバンク会員の加入

親会員の資格は年齢20歳以上でJALカードを本会員として保有している必要があります。

子会員は生計を同一にする配偶者および一親等の範囲となります。

登録手数料

費用は掛かりません。

登録申し込みの流れ

step1

親会員を決めます。JALカードをお持ちでない場合はまず初めにJALカードを申し込みしましょう。

イオンでお買い物されるならおすすめは「JALカード TOKYU POINT ClubQ」です。 

step2

子会員を決めます。子会員の登録は9名まで可能です。

お子様が高校生以下ならJMBカードをお申込み下さい。

JMBカードがお手元に届きましたら、家族プログラムへ登録が可能となります。 

step3

家族プログラム登録手続き

条件により二つの申し込み方法があります。 

オンライン申し込み

【条件】

親会員・子会員の全員が初めてのご登録の場合

現在ご登録の家族プログラムメンバーに、新たに子会員を追加する場合

【手続き方法】

MyJALCARDにログイン後、「プレミアムサービス申し込み」より登録できます。

その際「親会員」となる方が、MyJALCARDにてお手続きください。

登録申込書を請求してお申し込み

【条件】

親会員と姓が異なる子会員のご登録の場合

親会員を変更する場合

過去に登録していた時と親会員が異なる場合

【手続き方法】

MyJALCARDにログイン後、「資料請求」より登録申込書をご請求ください。

「おともdeマイル割引」を活用できる

「JALカード家族プログラム」に登録して一人だけでも特典航空券を発券できれば、JAL国内線なら「おともdeマイル割引」を利用すると割安に家族の航空チケットが手に入ります。

「おともdeマイル割引」とは家族旅行の場合、JMB本会員が10,000マイルで国内線往復特典航空券を発券でき、3名までの同行者は割引運賃で国内線往復航空券が手に入るお得な制度です。

お子様は「JALカード家族プログラム」に登録されていると「おともdeマイル割引」による航空券発券により毎年最初のご搭乗時に、ボーナスマイルとして1,000マイルをもらえます。

ただし、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始は利用不可など利用可能な日に制限があります。

詳細はJALホームページをご確認ください。

さらにご同行者に55歳以上のご家族がいらっしゃれば、その方にJMB GG WAONカードを発行していただき、「おともdeマイル割引」の代表者となってもらうといいことがあります。

JMB GG WAONカード会員様限定の特典で「おともdeマイル割引」での搭乗で3,000マイルがプレゼント(マイルバック)されます。

実質7,000マイルで国内線往復特典航空券を手にすることができるのです。

こちらも該当するご家族であれば活用したい制度です。

特典航空券の利用範囲

「JALカード家族プログラム」はマイルを合算する上では一親等の家族でしか組めませんが、マイルを使って特典航空券を発券できる範囲は広がります。

会員本人の二親等以内の親族の方義兄弟姉妹の配偶者まで特典航空券を発券することができます。

なかなか兄弟の分まで特典航空券を発券できる余裕はありませんが、縛りが厳しくないのは使い勝手が良いですね。

友人の航空券を発券するには

友人は二親等を超えますので直接特典航空券を発券することはできません。

しかし、JALマイルをいったんe JALポイントに交換して航空券を発券することは可能です。

しかし、JALマイルの使い方としては少々もったいないですね。

同じJAL便に搭乗するなら、JALと同じワンワールドグループのブリティッシュエアウェイズ版マイルであるAvios(アビオス)なら友人の特典航空券を発券することが出来ます。

わたしはこのAvios(アビオス)を使って、子供とその友人の分の往復チケット羽田-新千歳を発券した経験があります。

Avios(アビオス)なら往復12,000Avios/人で発券できるので、JALマイルに劣らず使い勝手が良いです。

詳しくは下記記事を参照ください。

ワンワールド

各種ポイントをブリティッシュエアウェズ版のマイル(Avios)に交換、お得にJAL国内線特典航空券を発券しよう

2019/03/10(日)

まとめ

JALマイルは家族旅行の時お金を出す人は一人でも付与されるマイルは飛行機に搭乗した各個人となります。

それぞれがマイルをたくさん貯めるのには時間がかかりますが、家族のマイルを合算できる「JALカード家族プログラム」に登録すれば一人分の特典航空券を発券するハードルが下がります。

この記事がJALマイルを貯めているあなたのお役に立てたなら幸いです。

わたしはこれまで飛行機に乗らずに貯めたマイルで ロンドン・ニューヨーク・ハワイ・ヘルシンキへのビジネスクラス旅行を楽しんできました。

初心者が他人の助けを借りず、 自力でマイルを貯めた経験 無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。