【iPhone版】フィンランドではプリペイドSIMがとても簡単便利でした

Teliaプリペイドsim

フィンランドはIT先進国と言われています。
列車の中やホテル、ファストフードレストランでも店内でWi-Fiを
キャッチすることが出来ました。
それでも街中を歩くときに地図を確認したり、情報を検索するのに、使い慣れたスマホを使えると便利ですよね。
わたしは海外旅行の際、日本でWi-Fiルーターを借りていくことが多かったのですが、フィンランド旅行では現地でプリペイドSIMを購入して使ってみることにしました。
結果、割安で快適なネット環境を得られましたので、その様子をご紹介いたします。

ヘルシンキヴァンター空港でプリペイドSIMを購入

プリペイドsimを現地で購入し普段利用なさっているiPhoneのsimカードと差し替えることでフィンランドの通信会社の電波をキャッチして日本国内と同様にインターネットアクセスが可能になります。

但し利用期間や使用できるデータ量が決まっており使い切りとなります。

今回わたしが利用したTelia社のプリペイドsimカードは電話番号も付帯されていました。

ヘルシンキヴァンター空港より入国後、まずはプリペイドSIMを購入できるR-kioskiという売店を探します。
入国後、到着ロビー階にR-kioskiは見つかりました。

キオスキ

R-kioskiはさまざまな物を取り扱っている売店ですが、プリペイドSIMは陳列されておらず店員さんに話しかけないと手に入りません。
店内は混雑しており英語に自信のないわたしは、レジに並ぶ人がいなくなるのを待ち話しかけることにしました。
「May I have a prepaid sim card for 7days?」
(7日間用のプリペイドSIMをください)

すると店員さんはTelia社のプリペイドSIMをすすめてくれました。
値段は € 5.9です。
パッケージには7€と表示されているので、いくらか安くなっていますが理由はわかりませんでした。
€ 5.9なら約750円です。
日本からWi-Fiルーターをレンタルするよりもコストパフォーマンスは良いと思いませんか?

海外でsimカードを利用するためにはsimフリー端末が必要です。

ドコモ、au、ソフトバンクと契約しているiPhoneの場合はそのまま海外用のsimカードを利用できません。利用をお考えの場合はあらかじめsimロックを解除してsimフリー端末にしておく必要があります。

simロック解除の方法は契約しているキャリアにより手続き方法が異なるのでご確認ください。

iPhone7のSIMカードを交換してみた


わたしの所有する端末は日本のアップルストアで購入したsimフリーのiPhone7です。

搭乗後は機内モードにし、 Wi-Fi もオフにした上で電源を落としておきました。 Wi-Fiをオフにしたのは、空港に到着後現地のモバイル通信用の電波を真っ先にキャッチしてほしいからです。

到着ロビー階の椅子に腰掛けR-kioski で手に入れたTelia社のsimカードと交換するためにiPhone7にささっているsimカードを取り出しました。

simカードを取り出すにはiPhone7購入時に付属していたピンがないと困難なので忘れずに持参しましょう。

また取り出したsimカードは帰国する時に必要となるのでなくさずに保管してください。

次にTelia社のsimカードをNANOサイズに切り取り差し替えます。

simカードを差し替えたらいよいよ電源を入れます。

起動した画面には”simはロックしています”と表示されますので、落ち着いて暗証番号 PINコード 数字4桁を入力します。

暗証番号は切り取ったsimカードの台紙を裏返し、銀色に隠された左の部分をコインで削ると現れる4桁の数字です。

無事にロックを解除出来たら、次は機内モードをOFFにしてiPhoneが電波をキャッチするのを待ちます。

2~3分ほど待つとSMS/MMSにTelia社からメッセージが届きました。

アクティベーション

これでアクティベーション完了です。

無事にインターネットにアクセスすることができました。

さいごに

simカードは€5.9で購入、€7分を利用できるのかと思いましたがチャージを確認できたのは€5.9分でした。

結局どうしたら€7を利用できるのかは分からずしまいでした。

但し€5.9のままでもデータ通信1MBごとに€0.01消費しますが上限としてデータ通信料は一日当たり€0.99なので約6日は利用可能です。

チャージ残高はメッセージで14000宛てに”prepaid saldo”と入力、送信すると直ぐにその時点での残高が返信されます。

telia残高

日本からWi-Fiルーターを借りるのと比べると、ヘルシンキヴァンター空港の売店で購入する時間が必要ですが、simカードを差し替えるだけで利用可能です。

これからフィンランドを訪問する方にとって、手軽に安く現地での通信手段を確保できるのでおすすめです。

わたしは飛行機に乗らずに貯めたマイルでロンドン・ニューヨーク・ハワイへのビジネスクラス旅行を楽しんできました。

初心者が他人の助けを借りず、自力でマイルを貯めた経験を無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    東京都出身、単身赴任中のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。