セブンイレブンのお買い物で効率的にANAマイルを貯める方法

セブンイレブン

あなたの生活圏内にセブンイレブンはありますか。

もしあるとしたらセブンイレブンに行く頻度はどれくらいありますか。

わたしは普段、食料品はスーパーマーケットで購入していますが簡単にお昼を済ませたいときにはスーパーで調達するお弁当やおにぎり、パンよりもセブンイレブンの方が美味しく感じるので時々利用しています。

セブンイレブンはANAマイルと相性が良く貯まりやすい側面があります。

この記事は毎月5,000円~10,000円くらいセブンイレブンでお買い物する人に向けてどのような決済方法が効率良くANAマイルが貯まるのか比較しご紹介しています。

 セブンイレブンのお買い物~支払い方法で還元されるANAマイルは異なる

セブンイレブンでのお買い物で選択すべき決済手段と還元されるANAマイル還元率を比較してみましょう。

クレジットカード(ANAカード)

セブンイレブンはANAカードマイルプラス加盟店です。

ANAカードマイルプラス加盟店ではANAカードで決済するとクレジットカード会社からもらえるポイントとは別に100円または200円(税込み)につき1マイルが貯まります。

セブンイレブンの場合は200円(税込み)につき1マイルが貯まります。

 ANAカードの決済で還元されるクレジットカード会社からもらえるポイント=マイル数はカードの種類(ANA一般カード、ANAゴールドカード、ANAプレミアム)によって異なってきます。

例えばセブンイレブンで1,000円買い物した場合還元されるマイルは

ANA一般カード ANAゴールドカード ANAプレミアム
5マイル 10マイル 20マイル
0.5%還元 1%還元 1.5%還元

となります。

実際にはANA一般カードでもマイルアップと呼ばれる追加年会費(カードブランドにより異なり税別5,000円~6,000円)を払うことで、0.5%還元を1%還元に上昇させることが出来ます。

ここでは話をシンプルにするためにクレジットカード会社からの還元率1%に加えてマイルプラス加盟店による還元0.5%を合わせて 1.5%還元と考えようと思います。

三井住友カードのANAカードなら毎月わずかなリボ払い手数料を発生することで得られる還元率を上昇させることが出来ますが、ここでは省略します。

電子マネー nanaco

 セブンイレブンでは電子マネーnanacoで支払いするとお買い物200円(税抜き)につき1nanacoポイントが得られます。

そしてnanacoポイントが500ポイント貯まれば500ポイント単位でANAマイル250マイルに交換することが出来ます。

ANAマイル還元率は0.25%とみなせます。

またクレジットカードから電子マネーnanacoにクレジットチャージすることでクレジットカード会社のポイントがもらえます。

ANAマイルへ最も効率良く交換したいと考えたときに持つべきクレジットカードはヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)です。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)でnanacoへ電子マネーnanacoをクレジットチャージすることで0.5%のTポイントを得られます。

そしてTポイントは70%の交換レートでANAマイルに交換することが出来ます。

ANAマイル還元率は0.5x0.7=0.35%とみなせます。

ただし、クレジットカード「JQカードセゾン」と「みずほマイレージクラブANA」が必要になります。

Tポイントを交換レート70%でANAマイルに交換する方法

2019/10/20(日)

電子マネーnanacoでの支払いでは0.25%+0.35%= 0.6%還元なので今一つですね。

電子マネー 楽天Edy

ANAカードに楽天Edyが付帯されていれば、セブンイレブンで楽天Edyで支払うたびにANAマイルが貯まっていきます。

貯まるANAマイルは1,000円の支払いで5ANAマイル、0.5%還元です。

また対象のANAカード(ANA JCBワイドゴールドカード、ANA ダイナースカード、ANAカード プレミアム)からクレジットチャージすると200円につき1マイル貯まり、0.5%還元。

さらにANAカードには「モバイルプラス」というオプションがあって月額300円、つまり年間3600円(税別)支払うとEdyでのご利用200円(税込み)で3ANAマイルが貯まります。

まとめると次の通りです。

セブンイレブンで1,000円楽天Edy支払いした場合

獲得源 獲得マイル
楽天Edy 5マイル
クレジットチャージ 5マイル
モバイルプラス 10マイル

最も効率良くANAマイルをもらう場合、 2%還元です。

電子マネー QUICPay

 ここで話題にするQUICPayは「ANA QUICPay+nanaco」です。

ANA JCBカードを所有している人だけが発行できるキーホルダー型電子マネー端末です。

このキーホルダー型電子マネー端末を使えばセブンイレブンでQUICPay決済も電子マネーnanaco決済も可能です。

QUICPay決済を行えばANA JCBカードの決済と同じようにマイルが還元されます。

つまり1.5%マイル還元を期待できます。

さらに「ANA QUICPay+nanaco」のメリットは通常電子マネーnanacoの支払でしか還元されないnanacoポイントがQUICPay決済でも得られる事です。

お買い物200円(税抜き)につき1nanacoポイント、500nanacoポイントが250ANAマイルなので0.25%マイル還元です。

合わせて 1.75%還元と考えられます。

 考慮しておきたいこと

これらの結果を比べ結論を出す前にもう一つ考慮しておきたいことがあります。

セブンイレブンでは煩雑に「nanacoボーナスポイント」が得られる商品が陳列されています。

特定の商品(常に変動)に対して基本のポイントにボーナスポイントが加算されるサービスです。

加算されるボーナスポイントは10ポイント以上(5ANAマイル以上)なので、ANAマイルへの還元を考えると無視できない還元率です。

それを得るためにはnanacoポイントがもらえる支払方法を選択する必要があります。

まとめ

セブンイレブンでは様々な決済方法を選べますので悩んでしましますが、わたしのおすすめは 「ANA QUICPay+nanaco」で決済、「nanacoボーナスポイント」が得られる商品があれば購入を検討しましょうです。

もちろんわたしは「モバイルプラス」に加入しています。

わたしはANAプレミアムカードを保有しています。

という場合はこの限りではありません。

この記事を読んであなたにとってベストな決済方法が見つかったなら幸いです。

わたしは飛行機に乗らずに貯めたマイルでロンドン・ニューヨーク・ハワイへのビジネスクラス旅行を楽しんできました。

初心者が他人の助けを借りず、自力でマイルを貯めた経験を無料メールマガジンにて発信しています。

ご関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


ABOUTこの記事をかいた人

東京都出身、単身赴任中のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。