ハワイ旅行でのダニエル・K・イノウエ空港とワイキキ市内の往復はUberがとっても便利でした【2019年5月】

ハワイ旅行をツアーで申し込みすると空港と宿泊ホテルの送迎プランが組み込まれていることが多いです。

事前に代金は支払い済みであり、到着時には自分が参加したツアーバスをに乗り込むだけなので英語がわからなくても不安な点は少なくストレスも少ないでしょう。

ただし団体旅行の送迎バスは全員が揃うまで出発せず、順番に宿泊ホテルを回っていくため入国してからホテルにたどり着くまで時間がかかる覚悟も必要です。

他にもワイキキ市内へ行く方法としてシャトルバス・一般タクシー・代金固定タクシー(チャーリーズタクシー)・レンタカー・Uberと多くの選択肢がありますが、それぞれ特徴が異なります。

その中でわたしは空港とワイキキ市内往復にUberを利用、その利便性を感じたので、これからホノルルを訪問する方に向けて経験談を紹介いたします。

ホノルルでのUber利用のポイント

Uberは日本国内ではまだまだ利用可能なエリアが限定されていて利用されたことが無い方が多いのではないでしょうか。

Uberの利用の仕方を簡単に説明すると

  • Uberアプリをスマホにダウンロードして必要な情報を登録する
  • アプリを起動、目的地を入力する
  • 配車された車に乗り込む
  • 目的地に到着

※代金はクレジットカード支払いで運転手との金銭のやり取り無し

運転手と英語でコミュニケーションは最低限(乗り込む時に目的地の再確認)で良いので、英語に自信のない方にとっても難しくありません。

またUberを初めて利用するかたにはクーポン(プロモーションコード)により割引も受けられますので是非活用したいところです。

そんないいとこ取りのUber活用の方法をご紹介いたします。

アプリのダウンロードは日本国内で

ホノルル空港に到着してからでもUberアプリをダウンロード出来ますが、せっかくのハワイ滞在時間、手間は減らしたいですよね。

出発前にダウンロードしてしまいましょう。

現地では電波をすぐに使えるように

Uberを利用するにはアプリの起動が必要です。

入国後すぐに電波を使用できるように事前にハワイで利用可能なWIFIルーターを借りていくか、プリペイドSIMを購入しましょう。

初回限定クーポン(プロモーションコード)は現地で設定

アプリをダウンロードした時に初回限定クーポン(プロモーションコード)を登録することが出来ますが、日本国内にいるときに登録してしまうと海外ではクーポン(プロモーションコード)を活用できません。

初回限定クーポン(プロモーションコード)の登録はハワイに到着した後に設定しましょう。

Uberの依頼はピックアップポイントに着いてから

ダニエル・K・イノウエ国際空港ではUberとのピックアップポイント(待ち合わせ可能な場所)が決まっています。

わたしたちの経験では空港にてUberを依頼するとものの数分でピックアップポイントに車が到着しました。

Uberのピックアップポイントにたどり着いてから依頼を掛けることをお勧めします。

空港にはピックアップポイントが2か所あります。

わたしたちは到着後に最寄りである2F出発ロビー国内線ターミナルロビー2の道路を渡ったライドシェアピックアップエリアから依頼をかけました。

目印としてサインボードに”Inter-Iland Terminal,Level2-Ride Share Curb at Lobby 2”の文字を探してみてください。

ピックアップポイントには”RIDE SHARE PICK UP ZONE ACTIVE LOADING ONLY”のサインボードが有り、路肩には”RIDE SHARE”の文字が有りました。

二人ならUberXで十分

UberXは普通のタクシーとイメージしてください。

二人乗り込み、スーツケース二つなら問題ありません。

もっと人数が多いならUberXL、Uber Selectを頼まれると良いでしょう。

依頼を確定したら

確定すると車種及びナンバーとドライバーの写真、名前を確認できます。

依頼した車が近くに来ているかもアプリで確認できます。

ドライバーからも見つけてもらいやすいように自身の写真を登録されることをお勧めします。

車が到着したら

ロサンゼルスなどではUberを装った詐欺(強盗)も発生していると聞きます。

車が到着したらアプリで確認できるナンバーと運転手の顔写真が実物と一致しているか確認しましょう。

問題ない様であれば行き先を確認しましょう。

わたしはこんな感じで伝えました。

” I would like to go to Sheraton Waikiki. ”

「シェラトンワイキキホテルまでお願いします」

無事目的地へ着いたら

無事に目的地に着いたらドライバーを評価してあげましょう。

また、チップをアプリからクレジットカード払いすることも可能です。

金額も3種類に分かれています。

わたしは気持ち良く乗せていただいたのでチップも支払いました。

復路ワイキキ市内から空港へは注意が必要

往路では心配な要素はありませんでしたが、復路は往路では感じなかった違いが有りました。

ホノルルから日本への便は午前10時から午後2時にかけてJAL便・ANA便共に出発時刻が集中

空港とワイキキ市内を結ぶハイウェイは渋滞することがよくあります。

わたしがレンタカーを借りてH1ハイウェイを走った時も片側5車線ある道路なのに渋滞が発生しました。

渋滞が無ければワイキキと空港は20数分ほどで到着しますが、渋滞にはまるととても時間がかかります。

あまりに早く空港へ着いてしまうと時間がもったいない気がします。

わたしたちは”Google Maps”の経路検索で到着までの予測時間を調べていました。

Uberは需要が多いと値段も刻々と変化する

私が帰路のためにUberを頼もうとダニエル・K・イノウエ国際空港を入力すると

10時55分 $30.48
10時57分 $35.15
10時58分 $42.18
11時02分 $51.48

と値段が刻々と変化、往路と比べて倍近い値段となることもあり驚きました。

しかし11時06分に突然 $25.76に価格が急落、あわてて確定しました。

ピックアップに時間がかかる

帰路、わたしたちがチェックアウトしたホテルはロイヤルハワイアン,ラグジュアリーコレクションリゾート,ワイキキ。

ピックアップしてもらうために カラカウア大通りに面する路肩で待ちましたたが、あいにくわたしたちのすぐ近くにトロリーが停車してしまいドライバーから死角となってしまったためか見つけてもらえず、行き過ぎてしまい一方通行のためぐるっと回ってきてもらうことになりました。

まとめ

わたしがUberをホノルルで利用したのは3回、区間と費用は次の通りです。

ダニエル・K・イノウエ国際空港 → シェラトンワイキキ

乗車料金 $20.86
通行料、追加料金、手数料 $4.15
合計 $25.01

ワイキキ市内 → シェラトンワイキキ

乗車料金 $4.8
通行料、追加料金、手数料 $2.4
合計 $7.2

ロイヤルハワイアン → ダニエル・K・イノウエ国際空港

乗車料金 $23.36
通行料、追加料金、手数料 $2.4
待ち時間 $0.67
合計 $26.43

また初回限定クーポンとしてプロモーションコードを現地で登録したので3回まで$5割引されました。(全て$5引き)

往路は空港に降り立ってから短時間でワイキキ市内に割安な料金でたどり着けたのでとても満足しました。

復路は往路と比べ価格に変動がありまた空港に着くべき時刻も決められているのでやややきもきしました。

価格を心配せずに確定させるならチャーリーズタクシーがお勧めです。

ワイキキと空港を$29(チップ別)で結ぶので安心です。

ただし、あらかじめ24時間前までに予約を申し込む必要があるのと、電話を掛けなければならないです。

現地で携帯電話の通話ができない場合は公衆電話を探す必要があります。

ホテルにはあると思いますが。

なおプロモーションコードは以下の通りです。

プロモーション コードyb4gbp

このプロモーションコードをダニエル・K・イノウエ国際空港に到着してからご登録ください。

わたしは飛行機に乗らずに貯めたマイルで  ロンドン・ニューヨーク・ハワイへのビジネスクラス旅行を楽しんできました。

初心者が他人の助けを借りず、自力でマイルを貯めた経験を  無料メールマガジンにて発信しています。

関心のある方は、画面下部に表示されているバナーよりご登録ください。


マイルを貯めて毎年家族でビジネスクラス海外旅行へ

いつでも自由に世界中を旅行できる
家族と旅行に行って思い出を作る
日常生活の工夫で誰もが再現できる


ABOUTこの記事をかいた人

東京都出身、単身赴任中のサラリーマン。娘たちの子育て期が終わり学費捻出の呪縛から逃れた所です。 ハネムーンで海外に行って以来、しばらくの間飛行機とは縁がなかったが 陸マイル収集活動に開眼、ブログ収入や友達紹介をせず3年で100万マイルを貯めました。 ビジネスクラスでの海外旅行を楽しみに毎日生活をしています。